市長からのお返事


11月に当会から提出した2通の要望書
「学校給食の放射能測定のお願い」
「逗子市内学校施設のよりきめ細やかな放射線量測定の要望」
に関して、市役所から12月27日付、お返事いただきました。

まず給食に関しては
・12月からPA1000Radiにて週1校、週2回1検体の検査(検出下限200bq/kg)
→厚生労働省の新基準値をうけて、この測定器の使い方は再考する必要を認識、とのこと。
現時点では、下限値10bqの簡易測定器を購入する意思はなし、とも。

・1週分まるごと検査も実施の方向で調整。

学校施設の放射線量測定 に関しては
・すでにご存じのように各校「3か所」で月2回測定している。
・各学校には学校教育課から測定器を貸出し、よりきめ細やかな測定をしている、
→ので、きめ細やかな結果については各学校に問い合わせるように、とのこと。

会としては、0.19シーベルト/時からを対策の基準値にしてほしい旨要望しましたが
・環境省の汚染状況重点調査地域の指定要件として「0.23シーベルト/時」とされていること
・文部科学省の文書「地上1mの空間線量が1マイクロシーベルト/時」を発見した場合、報告義務が生じる
ことなどを理由に、当分1mおよび5cmの空間線量が0.23、という現行基準でゆく。
要望に関しては、今後の対応を検討する際の参考としていただけるそうです。。

ご返答、ありがとうございました。

広告

逗子・葉山 ご近所で手に入るOK_FOODS#5(外食編)


年末!家族で忘年会!ということでたまには外食してみました。
葉山の 鶏喰え神々(とりくえじんじん)さん (住所:葉山町堀内715 番地1-1)
モツ鍋&焼き鳥のお店でした。
食べたのはこんな感じ
・九州直送の和牛で作るモツ鍋
・馬刺し
・鹿児島県産の鶏で作る焼き鳥
・焼き鳥
・せせりのから揚げ
座敷もありお子さん連れでもOKです。
店員の方も優しい感じでとても好印象。

湘南ビーチFMのショップリストでも紹介されています。↓
http://www.beachfm.co.jp/shop/restaurant/Torikuejinjin.html

お店のブログはこちら↓
http://ameblo.jp/torikuejinjin/

いつもお家で食事では息が詰まりますね。
たまには九州産食材のお店でお食事してみてはいかがですか。

菅谷・松本市長 横浜講演会のお知らせ


横浜の子どもたちを放射能から守る会主催で下記通り講演会が行われるそうです。主催者に了承を頂きましたので、当ブログでもご案内させて頂きます。

演 題  「横浜で子どもたちを放射能から守るために」
~チェルノブイリ被災地を医療支援した医師、現・松本市長の提言

お話 医師、現・松本市長 菅谷昭(すげのやあきら)氏

日時 平成24年1月26日(木)18時30分~20時(受付開始18時から)

場所 横浜市中区 開港記念会館 講堂(横浜市中区本町1丁目6番地)

定員 480人(参加費 500円)予約制

★保育・児童室 要予約 当日受付不可 ←こちらはすでに定員になったそうです
 保育室、定員20名(2歳~未就学児、500円)
 小学生テレビルーム 定員20名 (無料)

0-1歳児は保育がありません。お膝抱っこでお願いいたします。2歳児以上の同席はご遠慮ください。

申し込みはこちらから

菅谷昭氏講演会チラシpdf

逗子・葉山 ご近所で手に入るOK_FOODS#4


逗子のOK等で買い物してきましたので、ご報告です。

ねぎ → 博多(福岡)
白菜 → 和歌山
にんじん → 大分
煮干 → 瀬戸内海
豆乳 → 九州産大豆使用
麦茶 → アメリカ・カナダ麦使用
コーン → アメリカ産

●以下は、メーカーに問い合わせしました

ニップン強力粉(パン用) → カナダ・アメリカ産
シマダヤうどん → 国内麦(北海道)が少し入ってる。オーストラリア産。


ヒガシマルしょうゆ → 一部国産大豆使用だが、昨年とれた大豆とのこと。


あと、おいしい豆乳がありました。ベルギー産です。
これは、自然食品 陰陽洞さんにありました。

以上です! 

保育園の給食について


12日にお知らせした小学校の学校給食同様、
丸ごと1週間検査を検査機関に提出して始めるそうです。
来年度も今のところ引き続き検査機関に丸ごと1週間の食材を提出して
検査を続ける予定だそうで、その中に、桜山、双葉、沼間愛児園の
私立保育園も含まれるそうです。
食べた後の事後検査なので、出来れば食べる前に検査してくれると良いのですが、
私立保育園も検査対象になったことは、一歩前進かなと思っています。

PA-1000 radi専用 放射能専用キットでの 給食食材の検査について


PA-1000 radi専用 放射能専用キットでの食材の放射線量の計測について

販売店様に問い合わせしたところこちらのようにご回答をいただきました。
==========================================================================================
特に食品に含まれる放射能物質の量は、非常にシビアに考えないといけないと思
われます。
かなり高価ですが、せめて「ベクレル分析装置」で測る事をお勧め致 します。

そもそも「環境放射線モニタ PA-1000 Radi」は、空間線量を測るものであり、
また、単位も「μSv/h」でしか出ませんので放射線量を測るものではありません。

放射能簡易判定キットの中に付属されている「ベクレル値への返還事例」もあく
までも参考値であり放射線量が正確にはかれているわけではないと考えられます。
遮蔽して測っているわけでもないので影響を受ける可能背もあります。

それでも食材に含まれる放射能を測定する場合は
*A:バックグラウンド測定平均値* 
*B:対象物測定平均値**

「B-A」の値がプラスとなる場合に放射姓物質が含まれるので専門機関に検査を
依頼するようお勧めします。

==========================================================================================
皆さん、いかがですか?
わたしはこんな風に思いました。
「体重計で身長を測っているような感じですか。
体重がこのくらいの子は大体このくらいの身長だよね。
でも身長は身長計で測ってほしいですね。」

12月18日(日)10時から 会合


直前のご案内になりますが、下記通り集まります。
日時:12月 18日(日)10時から
場所 :逗子交流センター1F(自販機前)
自己紹介したり、被曝量を減らしたり、免疫力を高めるために
していることを皆で共有したり、放射能フリーと思われる
食材を買えるお店の情報を共有したり、などなど。
初めての方も、ぜひ気軽にご参加下さい。